7月
20
2011

Twitterのデマ検索サービス「TwiDema」を紹介!

Twitterのデマ検索サービス「TwiDema」を紹介します。

TwiDemaは、デマ情報の拡散防止を目的とし、Twitter上でデマの疑いのある情報の拡散を監視しています。拡散が確認された場合には、その情報を【デマ】【誤報】【根拠なし】の3種類に分類し@TwiDemaでツイートしています。

・TwiDema
http://twidema.info

・TwiDema ( Twitter )
http://twitter.com/twidema

TwiDema作成の経緯と目的

Twitter上で拡散している情報の中には、人命救助に繋がる非常に有益な情報もありますが、その一方で多くの人に迷惑をかけてしまうデマ情報も多く存在します。
しかし、これは、悪意を持ってデマ情報を流す人が多いわけではなく、良かれと思って、善意で拡散した情報がデマである場合が多く、いつの間にかデマを拡散している立場になってしまっていることが少なくありません。

ツイートされた情報が、デマかどうかを判断することが難しいことや、身近な人や著名人のツイートは疑いの目を向けることなく、気軽にリツイートする傾向にあることに起因して、短期間でデマ情報が拡散しているのではないかと考えています。

そのため、TwiDemaサービスでは、デマの疑いのある情報を自動抽出し、ある一定の閾値(リツイート数が一定数)を超えた場合に、多くの人にデマである可能性を周知させ、デマ情報の拡散抑制を目指します。

Twitter上でも、デマ情報の拡散抑制を目指してツイートしていますので、よかったら、フォローしてみてください。


コメントする

メールアドレスは公開されません。

このエントリーをはてなブックマークに追加