11月
12
2013

yumリポジトリを追加して、CentOSにPHP5.4のインストールする方法

yumリポジトリを追加(EPEL Remi、RPMForge)

リポジトリのインストール

CentOS標準リポジトリで提供されていないパッケージをインストールするために、
サードパーティ製リポジトリのEPEL Remi、RPMForgeを追加します。

rpm -ivh http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm

以下のコマンドでインストールされたことを確認します。

rpm -qa|grep epel-release
rpm -qa|grep remi-release
rpm -qa|grep rpmforge-release

デフォルト無効(enabled=0)にする

デフォルトでリポジトリを使用しないよう無効にします。
設定ファイル内のenabled=1となっている個所をenabled=0に変更します。

# EPEL
cp -p /etc/yum.repos.d/epel.repo /etc/yum.repos.d/epel.repo.`date +%Y%m%d`
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
# Remi
cp -p /etc/yum.repos.d/remi.repo /etc/yum.repos.d/remi.repo.`date +%Y%m%d`
vi /etc/yum.repos.d/remi.repo
# RPMForge
cp -p /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo.`date +%Y%m%d`
vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

PHP5.4をインストール

デフォルトでは、リポジトリは使用されませんので、
–enablerepo=epel,remi,rpmforgeを付けて、インストールします。

yum --enablerepo=epel,remi,rpmforge install php

リポジトリの中でバージョンの一番高いものがインストールされます。

参考

http://dqn.sakusakutto.jp/2013/02/centos6_yum_remi……forge.html

コメントする

メールアドレスは公開されません。

このエントリーをはてなブックマークに追加