4月
30
2014

さくらのVPSからGMOクラウドVPSへの移行

さくらのVPSを利用していましたが、コストパフォーマンスの良いGMOクラウドVPSに乗り換えることにしました。
その際の設定内容、移行手順を公開します。

移行プラン/料金

・プラン
 GMOクラウドVPS スモールプラン(1年間)
・金額
 4094円+2036×12円=28,526円(2377円/月)
・OS
 CentOS6.2 / LAMPPパック

Linuxの初期設定

GMOクラウドVPSの初期設定』を参考にサーバの初期設定を行う。

必要なパッケージをインストール

上記リンクに記載のない、wget、scpコマンドや、php関連のパッケージをインストール。

yum install wget
yum install openssh-clients
yum install php-mysql php-mbstring php-pdo php-pear
pear install pager

Apacheの初期設定

Apacheの初期設定すべき内容 (httpd.conf)』を参考にApacheを設定。
上記リンク先の記事には記載されていないが、ウェルカムページの設定も全てコメントアウトしておくこと。

cp -p /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.org
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
diff /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.org
vi /etc/httpd/conf.d/welcome.conf

MySQLの初期設定

MySQLの初期設定』を参考に、DBの初期設定を行う。
必要なDB、ユーザを作成しておいてください。

PHPの初期設定

cp -p /etc/php.ini  /etc/php.ini.org
vi /etc/php.ini
diff /etc/php.ini  /etc/php.ini.org
432c432
< expose_php = Off
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; expose_php = On
457c457
&lt; memory_limit = 512M
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; memory_limit = 128M
513c513
&lt; error_reporting = E_ALL &amp; ~E_NOTICE &amp; ~E_DEPRECATED
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; error_reporting = E_ALL &amp; ~E_DEPRECATED
946c946
&lt; date.timezone = Asia/Tokyo
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; ;date.timezone =
1542c1542
&lt; mbstring.language = Japanese
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; ;mbstring.language = Japanese
1549d1548
&lt; mbstring.internal_encoding = UTF-8
1553c1552
&lt; mbstring.http_input = auto
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; ;mbstring.http_input = auto
1558c1557
&lt; mbstring.http_output = UTF-8
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; ;mbstring.http_output = SJIS
1566c1565
&lt; mbstring.encoding_translation = Off
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; ;mbstring.encoding_translation = Off
1571c1570
&lt; mbstring.detect_order = auto
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; ;mbstring.detect_order = auto
1576c1575
&lt; mbstring.substitute_character = none;
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; ;mbstring.substitute_character = none;
1587c1586
&lt; mbstring.func_overload = 0
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; ;mbstring.func_overload = 0
1590c1589
&lt; mbstring.strict_detection = Off
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; ;mbstring.strict_detection = Off

Postfixの初期設定

cp -p /etc/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf.org
vi /etc/postfix/main.cf
diff /etc/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf.org
113c113
&lt; inet_interfaces = all
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; #inet_interfaces = all
116c116
&lt; #inet_interfaces = localhost
<ul>
<li></li>
</ul>

&gt; inet_interfaces = localhost
677,686d676
&lt;
&lt; ## add
&lt; smtpd_sasl_auth_enable = yes
&lt; smtpd_sasl_path = smtpd
&lt; smtpd_sasl_type = cyrus
&lt; smtpd_sasl_security_options = noanonymous
&lt; broken_sasl_auth_clients=yes
&lt; smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination,permit_auth_destination,reject
&lt; smtpd_sasl_local_domain = iderea.com
&lt;
cp -p /etc/aliases /etc/aliases.org
vi  /etc/aliases
diff  /etc/aliases /etc/aliases.org
97,103d96
&lt;
&lt; # for iderea.com
&lt; hijikata:       h.hijikata@gmail.com
&lt; android-webrank:h.hijikata@gmail.com
&lt; android:h.hijikata@gmail.com
&lt; 360news:        h.hijikata@gmail.com
&lt;
newaliases
/etc/init.d/postfix restart

コンテンツ・DBの移行

/etc/crontabをコメントアウト

タイミングを考慮した上で、/etc/crontabをコメントアウトし、バッチ処理を停止する。

コンテンツのバックアップ

df、duコマンドで、ディスク容量に空きがあることを確認してから、コンテンツを丸ごとtarで固めます。

df -h
du -sh /tutty.info
tar cfz /tmp/tutty.info.tgz /tutty.info

コンテンツのリストア

移行先のサーバへ転送して、展開します。
最後に不要なファイルは削除します。

scp /tmp/tutty.info.tgz x.x.x.x:/tmp
ssh x.x.x.x
cd /
tar xfz /tmp/tutty.info.tgz
rm /tmp/tutty.info.tgz
exit
rm /tmp/tutty.info.tgz

DBのバックアップ

特定のデータベースを指定してバックアップします。

mysqldump -u root -p tutty | gzip > /tmp/tutty.sql.gz

DBのリストア

移行先サーバへ転送して、リストアします。
最後に不要なファイルは削除します。

scp /tmp/tutty.sql.gz x.x.x.x:/tmp
ssh x.x.x.x
gunzip /tmp/tutty.sql.gz
mysql -u root -p < /tmp/tutty.sql
rm /tmp/tutty.sql
exit
rm /tmp/tutty.sql.gz

DNSレコード修正&動作確認

基本的には、Aレコードを修正するだけで問題ない。
ドメイン及びIPアドレスでアクセスし、動作確認を行う。

/etc/crontabを設定

移行先サーバの/etc/crontabに、移行前と同様の設定をする。

コメントする

メールアドレスは公開されません。

このエントリーをはてなブックマークに追加