Browsing articles tagged with " 迷惑メール"
 
6月
14
2011

procmailで日本語を扱う方法&postfixのaliasesに書く方法

概要

procmailを使用すると、レシピを用意するだけで、簡単に、タイトルの内容で、メールをフィルタリングしたり、振り分けたりすることができ、大変便利です。

ただし、日本語を扱う場合は、少し注意が必要です。
下記の例を参考に日本語を条件にしたレシピを書いてみてください。

procmailのインストール(必要であれば)

wget http://www12.tucows.com/linux/files/procmail-3.22.tar.gz
tar xfz procmail-3.22.tar.gz
cd procmail-3.22
make &> make.log
make install-suid &> install-suid.log
make install &> install.log

ディレクトリ作成&パーミッション変更など

パスやユーザは、環境に合わせて変更してください。

mkdir -p /etc/procmail/hijikata/config
mkdir -p /etc/procmail/hijikata/log
chown -R nobody.nobody /etc/procmail/
chmod 700 /etc/procmail/hijikata/config/
chmod 700 /etc/procmail/hijikata/log/

タイトルによって、メールの宛先を変更するレシピ

タイトルに、”abcd”、”ひらがな”、”カタカナ”、”漢字”を含む場合、xxx@xxx.yyy.zzzにメールを転送し、それ以外はxxx2@xxx.yyy.zzzにメールを転送します。

SHELL=/bin/sh
HOME=/etc/procmail/hijikata/
MAILDIR=$HOMEDIR/mail
DEFAULT=$HOMEDIR/mail
LOGFILE=$HOMEDIR/log
LOCKFILE=$HOMEDIR/.lockmail
VERBOSE=on

:0
<h2 id="hs_8caa03482121c3421dd032517a2c2d2b_header_4"> ^Subject:.*\/.*</h2>
{
  DECODED_SUBJECT=$MATCH

  :0 h
  * ^Subject:\/.*=\?ISO-2022-JP\?B\?.*\?=
  DECODED_SUBJECT=|echo &quot;$MATCH&quot;|nkf -mwZ1|sed 's/<a href="http://tutty.info/tag/%post_tag%">:space:</a>//g'
}

:0
<h2 id="hs_8caa03482121c3421dd032517a2c2d2b_header_5"> $DECODED_SUBJECT ?? .*abcd.*|.*ひらがな.*|.*カタカナ.*|.*漢字.*</h2>
! xxx@xxx.yyy.zzz

:0
! xxx2@xxx.yyy.zzz

postfixのaliases

/etc/aliases等に下記を記述します。

tutty: "|/usr/bin/procmail -m /etc/procmail/tutty/config/rc.tutty"

その後、下記コマンドで反映を忘れないようにしてください。

newaliases

参考

http://homepage.mac.com/matsuan_tamachan/mail/Proc……ailRc.html
http://www.jaist.ac.jp/~fjt/procmail.html


このエントリーをはてなブックマークに追加